EC-CUBE

EC-CUBEのバージョンアップで軽減税率対応が可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
EC-CUBE軽減税率対応

EC-CUBEの軽減税率ご対応はお済みでしょうか。

10月1日から消費税10%へ増税・軽減税率制度の開始です。
EC-CUBEでECサイトを運営されているショップ様のご対応はお済みでしょうか。

軽減税率とは

軽減税率(複数税率)とは、特定の品目の課税率を他の品目に比べて低く定めることをいいます。 日本では消費税率を10パーセントに引き上げる際、低所得者対策として食料品や新聞などが軽減税率(複数税率)の対象品目となり、税率は8パーセントのまま据え置かれることになっています。 平成31年10月からはじまります。

消費税率を8パーセントから10パーセントに引き上げる際に、低所得者への対策として、生活必需品である食料品や新聞などが軽減税率の対象品目となり、税率は8パーセントのままとなります。

<軽減税率対象品目>

  • 生鮮食品
  • 加工食品 

<軽減税率対象外品目>

  • 酒類
  • 外食
  • ケータリング
  • 出張料理
    ※「外食」の定義とは、飲食のための設備を設置した場所各飲食店の「店内飲食」、「ケータリングや出張料理」、「コンビニのイートインコーナーでの飲食を前提に提供される食料品」となります。

ECサイトの場合は、外食やケータリング、出張料金は気にしないでよいですが、「飲食料品」を取り扱ってる場合はバージョンアップなどの軽減税率の対応が必要です。

送料の消費税は?

10%となりますが、食品で送料無料の場合は8%となります。

ECサイトにおける軽減税率対応

ECサイトにおいても軽減税率の対応は必須です。EC-CUBE2.13、3系、4系以外をご利用の場合10月1日までには避けては通れない改修が必要です。

ご利用中のEC-CUBEのバージョンをご確認されることをお勧めします。

EC-CUBEでの税率設定方法

EC-CUBE3系の場合 設定>基本情報>税率設定

EC-CUBE4系の場合 設定>店舗設定>税率設定

税率の変更が必要になった場合、税率設定画面で消費税率の設定を行う事で、システム全体の消費税率を変更する事が出来ます。

EC-CUBEが軽減税率に対応してない場合

EC-CUBE2.12以前のバージョンでは、残念ながら「消費税率の変更前後で、整合性のとれた受注管理が行える」点と、「将来や海外の税率も考慮した、柔軟な税率管理が行える」点に対応していませんので、この機会にEC-CUBEのバージョンアップをご検討されてはいかがでしょうか?

 

EC-CUBEのバージョンアップやカスタマイズなどのご相談や料金のお見積りなど、お気軽にお問い合わせください。

 

EC-CUBEバージョンアップのご案内

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CONTACT

ホームページ新規制作やリニューアル、システム開発、アプリ開発、EC-CUBEのバージョンアップ、Wordpressのカスタマイズ、サーバー移行に関するご相談、ご質問などお気軽にお問合せ下さい。
【営業時間 10:00-19:00】

Tel : 050-3550-1515

フォームからのお問合せはこちらから