SEO

SEOで他のホームページと差がつく常時SSL(暗号化通信)のメリットと注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SSL暗号化通信

Google優遇措置!常時SSL化をおすすめします!

自社サイトをまだSSL化をしていない場合は、自社運営サイト常時SSL化をおすすめします

GoogleがHTTPS(暗号化通信)のWEBサイトをランキングシで優遇すると発表しています。

ユーザーがもっと安全にWebサイトを閲覧できるよう、すべてのWebサイト所有者の皆様に HTTP(暗号化なし) から HTTPS(暗号化通信) への切り替えをおすすめしたいと考えています。
Google公式ブログより

ホームページ全体を常時SSL化することで通信が暗号化され、ユーザが安全にサイトを閲覧できる安全性を考慮したwebサイトが推奨されています。

※2017年10月17日リリース予定のブラウザ「Google Chrome」のバージョン62から、 非SSL(非https)ページへの警告表示が強化されます。 ブログ内検索などの入力フォームがある場合も警告されてしまうため、個人・ 企業に関わらず多くのサイトで対応が必要となりそうです。

SSL(データ暗号化)ってなに?

SSL(Secure Sockets Layer)はインターネット上で情報を暗号化して送受信できる仕組みのことです。

SSLプロトコルを使用することで通信データは暗号化され、第三者が盗み見しようとしても解読することができません。

個人情報・クレジットカード情報などの大切なデータを安全にやりとりできます。

SSL(https)サイトの見分け方

SSLが導入されている場合、Internet ExplorerやGoogle ChromeなどのブラウザでWebサイトにアクセスした場合、アドレスバーに「鍵マーク」が表示され、URLの先頭が「https」と表示されます。

SSLを導入していない場合は、URLの先頭が「http」と表示されます。
※httpsの「s」は、セキュア(Secure)を表し、ブラウザとサーバ間で通信されているデータが暗号化され保護されていることを示します。

SSL暗号化表示

常時SSL(暗号化通信)のメリット

セキュリティ強化

  • 「共通鍵暗号方式」「公開鍵暗号方式」の鍵によって、インターネット上で送受信されるデータを暗号化することによって、個人情報や決済情報などの通信データを悪意のある第三者から情報を取得し悪用されるリスクを軽減します。( 暗号化されたデータは、SSLサーバ証明書を導入したサーバで保持する秘密鍵のみでしか解読することができません。)
  • ユーザ登録や注文画面などで入力した内容等が途中で書き換えられなど、データを改ざんされるリスクをなくします。

検索順位への影響

常時SSL化することで、検索エンジンから「ユーザが安心して利用ができる優良なコンテンツである」と評価され、HTTPSページを優先的にインデックスされるメリットが挙げられます。

Webサイトの信頼性向上

全てのページを常時SSL化することで、ブラウザのアドレスバーに鍵のマークが表示され、SSL証明書にて暗号化やドメインが実在していることを証明でき、ユーザーにとって企業を信頼するひとつのポイントになります。

常時SSL(暗号化通信)の注意点

Webサイトのhttps化を行った後は、効率的なWebサイト運営のためにGoogleアナリティクスとSearch Consoleの設定を変更する必要があります。

SSL対応レンタルサーバー紹介ページ

CONTACT

ホームページ新規制作やリニューアル、システム開発、
アプリ開発、DTPに関するご相談、ご質問などお気軽にお問合せ下さい。
【営業時間 10:00-19:00】

Tel : 050-3550-1515

フォームからのお問合せはこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フッター問い合わせ領域

CONTACT

ホームページ新規制作やリニューアル、システム開発、
アプリ開発、DTPに関するご相談、ご質問などお気軽にお問合せ下さい。
【営業時間 10:00-19:00】

Tel : 0985-33-9919

フォームからのお問合せはこちらから